テーマ:ソロツーリング

九州一周3日目 雨雨嵐の鹿児島入り

昨日の晴天が嘘のように朝から雨。 分かっていた事だけど、さすがに気が滅入る。 でも、今日は佐多岬までの約150キロと走行距離は短い。 朝食を済ませて朝8時前には宮崎市のホテルを出発した。 丁度小学校の登校時間と重なり元気な小学生と挨拶を交わす。 ちょっぴり元気になった。 途中ガソリンを満タンにする。 雨が降ると防寒グローブの中綿が目…

続きを読むread more

九州一周ソロツー リアルタイム1

いよいよ始まりました。 還暦直前ライダーの九州一周ソロツー。 予定通り愛媛県八幡浜から別府へ渡ることにした次第。 途中、高速ではかなりの雨に降られ、寒さが身体の芯まで浸透して体力を奪われました。 誰かが言ってたけど、雨の日はトンネルが天国ですね。ほのかな温かみを感じるトンネルは素敵。 さて、今回シールドにガラコを塗ったんですが、効果…

続きを読むread more

北陸ソロツー(千里浜で悟りの境地?)

東尋坊を後にした私は、更に日本海沿いを北上。 といっても、一番海よりの道は高速道路でして、一般道は少し内陸を走っているので、あまり海沿いを走っているという感覚はありませんでした。 そして、ついに憧れの場所「千里浜なぎさドライブウェイ」 凄いところでした。 全長約8㎞もあるんだそうで、実際に走って見てその規模の大きさに驚きまし…

続きを読むread more

なんとか帰還 北陸ソロツーの旅(Volゼロ)

三泊四日で石川県・長野県を巡るソロツーリング。 なんとか1637キロの旅を終え帰還しました。 現在、身体の状態は大腿部の付け根辺りに軽い筋肉痛がある程度です。 しかし、ツーリングに出た19日頃に旅先が梅雨明けし、例年を上回る猛暑に見舞われたほか、突然のゲリラ豪雨との遭遇、地元の人との交流、ガソリンの入れ忘れやスマホの熱暴走等々…

続きを読むread more

いよいよ今週中に北陸へ出発します

今回のロングソロツーリングは、私にとって今後のツーリング人生(特に日本一周)を左右する試金石となるツーリングになるでしょう。 それは、次のような理由によります。 ○真夏の炎天下の下のツーリングであること ○宿は出来るだけ簡素な宿を予約したこ 年齢的にこれから、体力的にはドンドン低下するのは否めないので、真夏のツーリン…

続きを読むread more

ソロツーリングは変なんだろうか・・

リターンして約2年と10ヶ月。 ソロツーリングしかしたことがありませんし、今後も多分そうなると思います。 でも、職場で 「今度ソロで石川県と長野県行ってくるよ。」 と言うと、一人で行って楽しいですか?という感じの反応が返ってきます。 う~~ん。 確かに10代の頃、バイクに乗り始めたころ(高校時代)はクラス…

続きを読むread more

淡路島東側と洲本城とメッシュジャケット使用感

7月の三連休。台風一過とは言い難い微妙な天気。 でも、これまでも週末悪天候でずっと乗ってなかったので、海の日は思い切って出かけることにしました。 とは言っても愛媛県方面は大雨の予報。 行きたかった今治方面をグッと我慢して、雨雲の少ない淡路島へと向かったのです。 しか~~し横風13mという電光掲示板w 怖かったぁ。 高速道…

続きを読むread more

ツーリングは山か海か

私は山も海も大好きなんですが、どちらかというと山道が多い気がします。 やっぱり面白いのはワインディングだし、高いところから見る景色は最高です。 でも、潮風を感じながら延々と広がる海を見ながらのツーリングもこれまた捨てがたい。 ただ、私の居住する徳島県ですと、海沿いの道といえば、国道11号で北に向かうか、国道55号で南に向かうか…

続きを読むread more

リターンライダーの夏対策

気温30度超えの夏日のツーリング。 リターンライダーの私が今更ながらに気がついたことを少し。 その1 水分補給  先日のソロツーで感じたんですが、バイクに乗っていると思っている以上に汗をかきますね。当然走っていると風があるんで、思ってるほどは暑さは感じなかったんですが、停車してジャケットを脱いでビックリしました。 ジャケット…

続きを読むread more

大泉洋さんをころがした焼山寺

久しぶりの晴天。 まずは、前から行きたかった東京ラーメンの店 麺屋「藤」さん。 那賀町相生という徳島市内からは結構山奥に入ったところにポツンと存在しているのに、食べログ2014年グランプリを取るほどの人気店。 しかも、徳島といえば「徳島ラーメン」が定番なのに、あえて東京ラーメンを看板にしているというところに興味津々でした。 …

続きを読むread more

こだわりのカフェ・デ・エビス

最高の天気。 ツーリングに行く予定は無かったけど、あまりの快晴に午後からフラッと出かけました。 時間もあまり無かったので、近場で女房殿お勧めのカフェに。 そこは、鳴門市の妙見山北側、岡崎海岸沿いの素敵なカフェです。 店に入るとすでに順番待ち状態。 結構人気があるんだなぁ。なんて思いながら予約リストに名前を書いて待合場所…

続きを読むread more

四国カルストと体力不足への不安

GWの初日。最高の天気とくれば当然ツーリングですよ。 本来なら一泊くらいして四国一周と行きたかったところですが、さすがにGWは泊まりたいと思っていた宿がすべて満室状態。(前から予約しないと駄目ですね。) そんな訳で前から行こうと思っていた天狗高原(四国カルスト)に日帰りで挑戦することに。 高知自動車道、大豊インターで降車し…

続きを読むread more

旧友との再会と鳴門のオブジェ

30年以上前に一緒に馬鹿をやった学生時代の旧友が奥様と一緒に四国の香川県に来てくれたので昼食をご一緒することに。 友人は、出身が北海道の方なんで、折角だから、北海道が誇る名優「大泉洋」さんが、「水曜どうでしょう」の四国遍路編で絶賛していたうどん本陣山田屋本店(香川県牟礼町)にお誘いしました。 朝自宅を出て、山田屋に着いたのが…

続きを読むread more

雲の中を走る

山岳ロードを走っていて時々雲の中に突っ込むことがあります。 霧じゃなくて、明らかに雲が降りてきている中を走ることって山岳ライダーは必ず経験していると思いますが、実はその瞬間が大好きです。 もちろん快晴で見渡す限り青空っていうのも大好きなんですが、前方の道路に雲の端っこがかすかに見えて突っ込む瞬間ってのが大好きなんです。 そして…

続きを読むread more

酷道とジビエと大轟と大釜の滝(おまけ)

実は、旧木沢村の四季美谷温泉へ向かう県道16号の途中。 勝浦町に入ったところで こんな案内標識が目にとまりました。 よーく見ると・・ 「朝立彦神社」と読めます。 前から少しは気になっていたんですが、リターンライダーすなわちオッさんではありますが、男の端くれとしてこれは参らずにはいられないw で、寄り道をしました。…

続きを読むread more

酷道とジビエと大轟と大釜の滝(後半)

ジビエ料理に舌鼓を打った私は、一路国道193号を北に進むことにしました。 この国道193号は私個人の意見ですが、徳島県随一の酷道だと思います。 国道192号が吉野川南岸を走る一級路線なのに、わずか一つ番号違いの193号恐るべしです。多くの県道や市道、町道がこれより走りやすい。 もはや林道193号と呼んでもいいんじゃないでしょう…

続きを読むread more

酷道とジビエと大轟と大釜の滝(前半)

快晴とはいかなくても、何とか雨にならなかった週末。 久しぶりの酷道攻めに出発。 霊峰剣山に向かう国道は全部走破していたので、今日は県道16号を進むことに。 小松島市から勝浦町を抜け、上勝町を目指しました。 これは、上勝町の正木ダム横にある「いきゅう茶屋」 このような断崖に建っており、このように 眼下に正木ダム…

続きを読むread more

しまなみ海道 大三島一周

しまなみ海道は本州と四国を結ぶ三ルートの一つです。 「明石海峡大橋を通る神戸鳴門ルート」「瀬戸大橋を通る岡山香川ルート」の二つが、経済的要素が強いのに対し、一番西の愛媛県今治市と広島県尾道を結ぶこの「しまなみ海道」は島の人々の生活に密着した生活ルートであるように思います。 愛媛県側から順番に「大島」「伯方(はかた)島」「大三島」…

続きを読むread more

高速道開通と日本一低い山

今日3月14日に高速道路徳島自動車道の鳴門JCT~徳島ICが開通しました。 距離は10.9㎞と短いんですが、やっとこれで徳島道が京阪神に直接つながった訳です。 天気を心配しながらも早速走り初めに午後一で出発。 徳島IC上の空は このように淀んでいました。 なんか、いや~な予感がしながら高速に入ってみると、なんとまだ鳴門…

続きを読むread more

午後からまったりツーリング

もう1ヶ月以上バイクに乗ってなかったので久しぶりの相棒とのふれあいです。 なぜに1ヶ月以上も乗らなかったのか・・・理由は2つありまして、一つは寒すぎて根性が折れてしまったこと。そして2つ目はなんと初めてのぎっくり腰(軽症)になってしまったからです。 というわけで、あまりロングランはちょっと不安だったので午後の気温が上がってから、…

続きを読むread more

浦島太郎伝説の町 荘内半島

もう15年ほど前になるでしょうか。二人の子供達がまだ小学生だったころ、家族で一度だけ訪れたことがありました。 香川県の西、瀬戸内海にぐっと突き出た半島です。 ここ、三豊市詫間町は、あの浦島太郎の伝説が残る町です。 詳しくは、三豊市観光協会のHPをご覧ください。 http://www.mitoyo-kanko.com/?p=9…

続きを読むread more

ソロツーリングの楽しみ

先日息子とツーリングしたときに 「お父さんは仲間とのツーリング慣れしてないね。」 という駄目出しをされました。 普通、仲間とツーリングするときは千鳥走行が普通なので、悠然と道路の真ん中を走っている私を見てそう思ったんでしょう。 私は、ソロツーリングの時は例えコーナーでもできるだけ道路の真ん中を走るようにする癖があります。 …

続きを読むread more

不思議なピラミッド

ソロツーリングの良さの一つに、「いつでも止まることができる。」っていうのがあると思いますが、色々な道を走っていると、「なんやあれ??」と思うような建造物に遭遇することがあります。 表題写真のこれもその一つ。 山裾に建てられた頑強な石積みブロックの塀とその上からのぞくピラミッドのような物。 周囲の雰囲気に全くマッチしていない異様…

続きを読むread more

昼の石積みと神通の滝

昨日、吉野川市美郷の石積みライトアップイベントに行った私は、「これって昼に見るとどうなんだろう。」と思い、翌12月21日にソロツーリングで再び訪問することにしたのです。 昼はこんな感じでした。 それは観光というのではなく、生活そのものの威厳のようなものを感じました。 ところで、昨日の夜は無料送迎バスに揺られて気がつかなかっ…

続きを読むread more

やっぱりハーレーのおじさん集団には圧倒されるなぁ

卑屈になっているんじゃないですが、道の駅なんかに停まったときに時々見かけるハーレーの集団。バイクの王者って雰囲気がオーラとともに辺り一面を照らして眩しい。 とてもじゃないけど隣に停める気力は沸かないけど、たま~に先に駐車している私のバイクの横にズラーっと並ばれる時があるんですよねぇ。 先日の淡路島の道の駅うずしおでもそうでした。…

続きを読むread more

淡路島おおむね1周ソロツーリング

積雪に阻まれて国道193号走破を断念した私は、一路淡路に向かいました。 淡路方面が何となく晴れてるような感じだったからです(安易w) 鳴門インターから高速に乗って淡路島南インターで降りたんですが、鳴門大橋の横風が約6mということで、結構バイクが振られて怖かったです 昔々、ホンダCB750K1ってのに乗…

続きを読むread more

国道193号積雪のため断念

一昨日の雪。もう山岳ロードは無理だろうなぁなんて思いながら、それでもまだ走破していない国道193号へと向かいました。(雪は県西部だったので、もしかすると中央部は大丈夫かもしれないと淡い期待があったんです。) 国道193号は徳島県を南北に縦断する山岳ルートで、狭隘でかなり厳しいコーナーが続く道路ですが、秋の紅葉シーズンには見事な景観…

続きを読むread more

無茶をしたい衝動

バイクに乗っているとき、普段はゆっくりと安全速度を守って走っているんで、後ろから追いついてきた車やバイクには道を譲っているんですが、たま~~に、無茶をしたい衝動に駆られてしまいます。 思えば16歳で免許を取って、色々とバイクを乗り継ぎ、無茶な走行もしてきました。 当時、今では珍しい暴走族全盛期だったんですが、 「俺は暴走族じゃない…

続きを読むread more

剣山リベンジツーリング

国道438号の崩落のため後一歩のところで剣山登頂にチャレンジできなかった私は、翌日の晴天に背中を押されて、今度は国道32号を南に走り、有名な大歩危・小歩危の渓谷を抜けて県西部から攻めることにしたのです。 大歩危・小歩危の渓谷は紅葉真っ盛り。 しかし、剣山登頂という目標があるので、やむなくスルーし、祖谷のかずら橋で賑わう観光客…

続きを読むread more

恋人橋を発見するも悲しい気持ちに

国道438号を行き止まりまで走破した私は、Uターンして木屋平の中心部まで帰ると、一路国道492号へとバイクを走らせたのです。 この沿線には、平家の悲恋伝説が残るその名も「恋人峠」という場所を通るからです。 まずは、穴吹川沿いに北上。 途中、重要文化財の三木家に寄り道してしばしまったり。 古い町並みを抜けて・・・ …

続きを読むread more